多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


正しい弁護士の選び方

 

多重債務者が債務整理を弁護士に依頼するのなら、
少しでも自分を有利な立場に導いてくれる優秀な弁護士を選びたいものです。
どの弁護士事務所を選ぶかによって、結果が大きく変わってくる分野もあれば、
どの弁護士でもだいたい同じ結果となるものもあります。

 

 

基本的には、弁護士がそれまで何件取り扱ってきて、
その分野において、どれほどの経験があるのかが、重要なポイントです。

 

ですが豊富な経験をもっていても、ひたむきな姿勢を見せない弁護士は避けたほうが無難でしょう。
真剣に顧客の視点で考えてくれる弁護士か、よく見極めましょう。

 

 

債務整理は、裁判所を使う手続きと、裁判所を使わない手続きに、分かれます。

 

裁判所を使う「自己破産」や「民事再生」は、弁護士を依頼して、裁判所に申し立てるのですが、
経験がある程度ある弁護士ならば、あまり結果に違いはありません。
よってこの場合の弁護士を選ぶ重要ポイントは、価格です。

 

料金体系が不透明な事務所は避けましょう。
ただし、安くてもすぐに対応してもらえない事務所も避けるべきです。

 

自己破産等の書類作成には、弁護士だけでなく、事務局も重要なのです。
ですから、すばやい処理能力があるかどうか、事務局全体の体制も確認してください。

 

 

裁判所を使わない「任意整理」では、弁護士の交渉に対する態度が重要になります。
任意整理は、弁護士がいい加減にやろうと思えば、いくらでも手を抜けるのです。
弁護士に対して、債務整理をどんな姿勢で行なうのか、しっかりと確認してください。

 

確認するポイントとしては、
・利息制限法をしっかり守っているか
・利息を将来的に減少できるか
・しっかりと過払い金を回収しているか
というようなことです。

 

正しい弁護士の選び方 関連記事