多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


多重債務の専門家に相談する際の注意点

 

多重債務者は、弁護士や司法書士など法律専門家に相談することをおすすめします。
その場合は、次の物をを用意しておいてください。

 

 

一つ目は「家計の状況表」です。
毎月どこから収入があって、どんな支出があるかをまとめておきましょう。
家計の状況は、債務整理の方法を判断するための基準になりますので
多重債務の相談をする際は、まとめておく必要があります。

 

 

また、「債権者の一覧」もまとめておきましょう。
まとめる必要事項は下記の通りです。

 

・業者名
・その住所
・支店名
・借入残高
・借り入れの開始時期
・毎月の返済期日
・その返済額
・最終返済日
・保証人や担保の有無
・公正証書作成の有無
・ショッピングの場合は購入した商品

 

一番重要なのは「借り入れの開始時期」です。
実際はほとんどの消費者金融業者が、利息制限法を過えた利息を取っています。

 

 

過去の取引が長い場合は、利息制限法で定められた上限利率で、
引き直し計算を行い、借金総額が大幅に減額できるケースもあります。

 

 

給料明細、車検証、不動産を持っている人は不動産登記簿謄本など、
客観的に収入や財産を証明する書類も用意しましょう。

 

消費者金融業者が、不動産などに担保を設定している場合は、民事再生が使えません。
ですので専門家に書類をよく確認してもらいましょう。

 

 

また、弁護士や司法書士が、債務整理を受けると、
業者にクレジットカードを返却するので、それも持参してください。

 

もちろん印鑑も、債務整理手続きに必要となるので忘れずに。

 

多重債務の専門家に相談する際の注意点 関連記事