多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


団体信用生命保険は重要

 

住宅ローンを組む際は、ほとんどの場合、条件として同時に生命保険に加入することになります。
これは通称「団信」といわれる「団体信用生命保険」です。

 

 

「団信」とは、住宅ローンを返済途中で、本人が死亡したり、
高度障害になった場合に、生命保険会社が本人の代わりに、
住宅ローンの残高分の保険金を支払うという制度です。

 

 

団信は、加入時の年齢に関する条件に差がなく、比較的掛け金も安いので
多くのメリットをもった保険です。

 

これは残された家族にとっても、非常に重要となる保険です。
万が一、本人が亡くなった場合や、高度障害状態となってしまった場合でも、
保険金が支払われることで、借入金は消滅します。

 

 

銀行などが扱う民間ローンでは、団信への加入が強制となっています。
保険料は、利息から当てられるので、準備する必要はありません。

 

 

しかし公庫では任意加入となっているので、別途保険料の支払いが必要です。
たとえば、ローンの返済額が年間100万円の場合、保険料は2,810円程度で、
しかもローンの残高に従い保険料は減っていきます。

 

 

注意点としては、住宅ローンを延滞している場合には、
本人が死亡したとしても、団信の契約がすでに失効している場合があることです。

 

銀行などの民間ローンの場合、住宅ローンの利息から保険料を充当しているので、
長期の延滞が続いている場合は、注意してください。

 

団体信用生命保険は重要 関連記事