多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


給与振込口座を必ず確認する

 

多重債務者が注意しなければならない相殺ということに関してご説明します。

 

 

たいていの会社では、給与は、郵便局や銀行などの口座に振り込まれます。

 

もし金融業者への返済を、銀行口座などから自動引き落としにしており、
会社からの給与振込み口座も同じ場合は、給与の振り込み口座を、事前に変更する必要があります。

 

また、預金がその口座に残っている場合は、すべて引き出すか、口座を解約しておいた方が良いでしょう。

 

 

多重債務者が弁護士に債務整理の手続きを依頼した場合は、金融業者への返済は止まります。
ですが、銀行口座などから、自動引き落としで返済している場合は、
手続きを依頼した後でも、引き落とし口座に、返済額以上のお金が残っていると、
勝手に引き落とされ債務に充当されてしまう場合があるのです。

 

これは法律的用語で「相殺」と呼ばれています。

 

 

給与の口座変更をしなければ、毎月給与がその口座に振り込まれるたびに、
相殺されてしまうので、日常の生活で大きな支障となります。

 

相殺は禁止されており、債権者に対して、弁護士から引き落としした金額の返還を要求し、
本人に全額戻るのですが、無駄な手間を省く意味でも、
やはり債務整理手続きを行なう際は、
銀行などの自動引き落としで返済している業者がないかを、よく確認してください。

 

 

もし同じ口座であるのなら、すぐに給与の振り込み口座を変更して、
お金を引き出すか、解約しておきましょう。

 

給与振込口座を必ず確認する 関連記事