多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


債務整理で給与差し押さえは?

 

多重債務者が債務整理手続きをすると、給料が差し押さえられるのかと不安になる人みえます。
ですが基本的には、債務整理手続きと給与の差し押さえに、直接関係はありません。
債務整理手続きを行っても、金融業者がすぐに給与を差し押さえられるわけではないのです。

 

 

多重債務者が借金の返済を滞納した場合、金融業者は債務者の財産を差し押さえ、
お金を回収していきます。
その差し押さえられる財産の1つが給与です。

 

ただし、多重債務者の返済が遅れたからといって、勝手に給与を差し押さえはできません。
給与を差し押さえるには、裁判所に訴訟を起こし、勝訴してからです。
裁判所から「債権差押命令」を発せられなければ
金融業者は、債務者の給与を差し押さえることはできないのです。

 

 

なお、自己破産と個人版民事再生の手続き開始決定が下りたら、
給与の差し押さえはできません。
ですから、このような手続きの場合は、金融業者の給与差し押さえ手続きと、
開始決定が下るのと、どちらが先かというスピード争いになるのです。

 

 

ただ、自己破産の相談を、弁護士や司法書士にする前に、訴訟をすでに起こしており、
当該訴訟手続きが進んでいる場合や、公正証書を作成されている場合は要注意です。

 

この場合は、前触れもなく給料を差し押さえられる危険性があるので、
すぐに弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。

 

債務整理で給与差し押さえ? 関連記事