多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


債務整理手続きが会社に知られる?!

 

多重債務者の方で、債務整理手続きが会社に知られたくないという人は多いです。
基本的に会社に知られず手続きを行なえるかは、
多重債務者が会社から借り入れをしている場合と、していない場合で違います。

 

 

まず多重債務者が、お金を会社から借りている場合です。

 

個人版民事再生と自己破産の手続きにおいては、全ての債権者に、手続きをする必要があります。
ですので会社から借り入れがあると、会社も債権者として裁判所に申告する必要があります。
そうなると、当然会社には、債務整理手続きのことは知られます。

 

一方任意整理の場合は、債権者を一部除外して手続きを進められるので
会社からの借り入れを除外し、そのほかの借り入れを整理すれば、会社に知られず手続きを行なうこともできます。

 

 

 

では会社から借り入れをしていない場合を見てみましょう。
個人版民事再生と自己破産の手続きに関しては、現時点で会社を退職したと仮定して
もらえる退職金の証明書を、交付してもらう必要があります。

 

退職金の計算方法が、就業規則などに記されていれば
それを代用できますが、証明書を発行してもらう際に、その理由を細かく会社に聞かれれば、
会社に知られてしまうかもしれません。

 

 

 

また、任意整理では、弁護士と業者が話し合いを進めるので、
会社に知られることは、ほとんどありません。

 

ただし、自己破産の手続きの場合は、
一定期間は一定の職業に就けない決まりがあるので
その職業に該当する方は注意が必要となります。

 

債務整理手続きが会社に知られる?! 関連記事