多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


利息制限法の理解は必須!

 

多重債務者の借金の金利は、利息制限法という法律で制限されています。

 

利息制限法は、借金の利息の限度を制定するもので、
一定以上の高い金利を設定することは禁じられています。
つまり多重債務者が支払った金利も、定められた金利を超えた分は、無効になるのです。

 

 

一般的に消費者金融では「年利29%」と設定されているようです。

 

たとえば、消費者金融と契約して150万円借りたとすると、
1年間で利息29%、43万5千円を支払うことになります。
借金を1年間で返済し終れば、返済総額は193万5千円になります。

 

 

しかし利息制限法では、100万円以上の借り入れは、年利15%までしか認められていません。

 

(借入額が10万円未満の場合、金利の上限は年利20%、
10万円以上100万円未満は年利18%、
100万円以上は年利15%と制定されています。)

 

 

つまり消費者金融も、150万円の借り入れに対しては、22万5千円までしか利息を付けてはいけないのです。

 

にもかかわらず年利29%の利息にあたる43万5千円を支払えば、
利息14%分の21万円を余分に支払ったことになります。

 

 

ではどうして消費者金融の多くが、利息を29%程度の高い金利を設定し、堂々と営業できるのでしょうか。
それは貸金業規制法によるもので、借り主が自分の意思で支払えば
利息制限法を違反した金利で設定しても、有効になるからです。

 

多重債務者の方は、ご自分の借金の金利を必ず確認してください。

 

利息制限法の理解は必須! 関連記事