多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


少し有利な任意売却について

 

多重債務者がそのまま支払いを延滞していると
状況が進めば、自宅の差し押さえや、競売などに陥る可能性もあります。

 

競売は、市場価格よりも、かなり低い価格での売却になります。
そのような場合は、「任意売却」を検討してみてください。

 

 

<任意売却とは>

 

各金融機関との合意により、 債務者側が入札開始前に主導することで、
債務を整理して、差し押えや抵当権を取り消し、権利関係の調整を行なった上で、
競売の対象の不動産を有利な条件で、自由に売却を行なうこと。

 

 

競売の場合は、市場価格の60%〜70%ぐらいの非常に低い売却価格なります。
しかも占有者がいる場合は、競売できなかったりして、
さらに価格が低くなったりすることもあります。

 

その点、任意売却の場合は、市場価格の70%〜80%で、比較的高く売却できることが多いです。
債務者は、借入金の残額を整理縮小したり、債務の再構築を行いやすくなるのです。

 

またこの場合、回収金額が増えるので、債権者にとってもメリットとなります。
売主に、引越費用を残してもらうなどの交渉が可能な場合もあります。

 

 

ただ、不動産の任意売却では、詐害行為という買主側が注意しなければならないことがあります。
詐害行為とは、債務者が故意に自己の財産を減少させることで、
債権者が十分に弁済を受けられなくする行為のことです。

 

一般の任意売却では、詐害行為をすることはまずないと思いますが
そのようなことがあることを知っておいてください。

 

少し有利な任意売却について 関連記事