多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


債務整理の比較

 

多重債務者などが行なう債務整理とは、法律により、借金を整理する方法のことです。
法律的に借金を消滅させて、債務者の生活を再生させるのが自己破産です。

 

 

■任意生理
利息制限法で制定された利息まで減らされた金額を、
原則3年間で毎月支払っていき、完済させるのが「任意整理」です。

 

 

■個人民事再生
マイホームを持っている場合など、住宅を処分せず、
大幅に減額された金額を、原則3年間で月々支払うのが「個人民事再生」です。

 

ただ、借金の状況によってどれが最も有利なのか、はっきり判断できないと思います。

 

 

■自己破産
自己破産は、原則として、免責されることで、借金の全てがなくなります。
ですので、どうしようもなくなった多重債務者が、これからの生活を再生させるためには、
経済的に最も大きなメリットのある手続きと言えます。

 

そのため、債務整理の手続きの際は、自己破産をまず検討し、
自己破産におけるデメリットが不利な場合に、それ以外の方法を検討することになります。

 

 

自己破産するには、現在の収入と財産では、将来的にも借金返済が、困難な状況(支払不能)であることが必要です。
支払不能かどうかは、借金総額などの決まった基準はなく、あくまで各人の状況によって判定されます。

 

ですが目安として、可処分所得(所得の中で自由に使うことができるお金)を算出すれば
自分が支払不能かどうかを判断できると思います。

 

債務整理の比較 関連記事