多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


個人版民事再生法のメリット・デメリット

 

多重債務者の債務整理の1つ「個人版民事再生法」は、
裁判所が認めた再生計画に基づいて、借金を圧縮し、原則3年間で返済をする手続です。

 

個人版民事再生法を行なうには、複雑な手続きが必要ですので
弁護士・司法書士などの法律の専門家に頼みましょう。

 

 

では多重債務者が個人版民事再生法を行なうメリットを見ていきます。

 

<メリット>
・自己破産のような免責不許可事由がない。
・自己破産のように仕事に関して制限がない。
・債務総額を大幅に圧縮できる。
・住宅ローン特則を利用して、自宅を手放さずに、住み続けられます。
・手続きが始まれば、債権者による強制執行ができなくなる。

 

 

では次に多重債務者が、個人版民事再生法を行なうデメリットです。

 

<デメリット>
・再生計画の返済と同時に、住宅ローンの返済も必要。
・ブラックリストとして信用情報機関に載る。
・国の機関紙「官報」に掲載される。
・利用するには制限がある。
・数年間は、クレジットカードや借金を作れない。
・複雑な手続きで、時間がかかる。
・再生計画案通り返済ができない場合は、再生計画を取り消す可能性もある。

 

 

個人版民事再生の手続は、多重債務者の債務整理の手続の中で、最も時間がかかります。
弁護士や司法書士が受任をし、認可の決定がおりて、
債権者への支払いが開始するまで、約1年程度かかることを念頭においておきましょう。

 

個人版民事再生法のメリット・デメリット 関連記事