多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


特定調停のメリットとデメリット

 

多重債務者の債務整理のうちの特定調停とは、
裁判所の力を借りて行なう任意整理のことです。

 

任意整理と違うところは、特定調停は多重債務者本人が裁判所に出向かなければならないことです。
しかし費用はかなり安く、債権者からの協力を得られることもあります。

 

 

また、利息制限法によって、債務額を再計算するので、
支払い過ぎていた利息の分があれば元金へ当てられます。

 

多重債務者の借り入れた期間が長いほど、
債務の残高が少なくなって債務がなくなることもあります。

 

ですが多重債務者の債務額が高かったり、極端に収入が少ない場合は、
特定調停を受けられない場合もあります。
利用する際は必ず確認してください。

 

 

 

特定調停には、メリットとデメリットがあります。
多重債務者の方は下記を参考にしてください。

 

 

■特定調停のメリット
・債務整理のほかの方法と比べ、費用がかなり安い
・特定調停を申し立てている期間は、返済が止まる
・和解が成立した後の残高に対して、利息が付かない
・債務者本人が債権者と話し合う必要はなく、交渉は調停委員が行う

 

■特定調停のデメリット
・ブラックリストとして信用情報機関に載る
・特定調停の和解後、債務の支払いを2回連続で怠ると強制執行になる
・任意整理とは違い、過払い金の返還は見込めない
・特定調停後、数年の間クレジットカードや借金ができない

 

特定調停のメリットとデメリット 関連記事