多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


多重債務者の借金を解決する方法

 

多重債務者は、現在ますます増えています。
全国で1,400万人もの方が消費者金融を利用しているのです。

 

多くの消費者ローンなどから借金をして、
返済が困難な多重債務者は全国で200万人以上もいるそうです。

 

 

多重債務者の中には、厳しい取り立てなどによって、
自殺するケースも少なくなく、大きな社会問題でもあるのです。

 

多重債務があったとしても
本人に意欲さえあれば解決する手段もありますし、
現状から少しでも楽になる方法もありますので、
あきらめず、まずはしっかりとした知識をつけていただきたいと思います。

 

 

 

一般的に多重債務を解決する方法のことを「債務整理」といいます。
債務整理には、下記の4つの方法があります。

 

「任意整理」
「特定調停」
「民事再生」
「自己破産」

 

 

4つの方法のうち、どの方法を選ぶかについては、
多重債務者の借り入れ状況により異なります。

 

 

 

まず最初に多重債務者の方にチェックしておいていただきたいのが、グレーゾーンの金利です。
グレーゾーンの金利は法律上、支払う義務はないのです。

 

「利息制限法」では、利息の上限が決められています。

 

 ⇒元本100万円以上の場合は年15%
 ⇒10万円以上100万円未満は18%
 ⇒10万円未満は20%まで

 

 

これを超える利息はすべて無効ですので、支払い義務はありません!
ただし、貸した側の請求や受取りに対しての罰則はありませんので
わりきって考える必要があります。

 

 

 

また「出資法」では、利息上限が29.2%と定められており、
それ以上の融資には刑事罰があります。

 

 

利息制限法と出資法との間の利息は、俗に“グレーゾーン”と呼ばれており、
多くの消費者金融は、このグレーゾーン金利で貸付をしています。

 

任意整理や特定調停は、利息制限法の上限金利に、
金利を引き直して債務の額を減らすことを図るもので、
グレーゾーンの金利を支払っている方を救うものなのです。

 

あなたもグレーゾーンの金利を支払っていないか、
必ずチェックをしてください。

 

多重債務者の借金を解決する方法 関連記事